奈津子のパトロール

2017秋 暗峠を歩いてみましょう その1

最近はじめた イングレスというゲームの行事、ミッションデイ東大阪に参加して
久々の暗峠を歩いてみましたので記事を書きます。
近鉄の枚岡駅からの暗峠往復です。

2017110401.jpg 前回通ったのがいつなのか、
忘れてしまっていますが それぐらいご無沙汰ということですね。

2017110402.jpg 
いままで 4輪、オートバイ、自転車と 手を変え品を変え
楽しませてもらった峠道、
今回初めて自分の足で歩くチャンスを得ました。

道標を過ぎ、近鉄の高架をくぐり、峠道へ・・・


2017110403.jpg 
道は間違っていないようで・・・ 国道ですね。


2017110404.jpg 
このあたりへ住んでみたいような
まっぴらごめんなような・・・複雑な気分で上ります。


2017110405.jpg 
住宅地でこの勾配は・・・
まぁ国道ってところに価値があるのかも・・・


2017110406.jpg 
ふりかえると、 独特の光景が楽しい。


2017110407.jpg
自転車で上ったとき、
忘れもしないここだけは乗ったまま通過できなかった。
それと、少し文句言いたいんだけど
複数で歩くとき、公道なんだし
やたら道いっぱいに広がって歩くの控えような。
みんなでワイワイ楽しいんだけどね。


2017110408.jpg 
東大阪には この形のヤツが結構ありました。
そういえば長瀬駅から奈良線沿いに
ココまで歩いてきたのは内緒です。


2017110409.jpg 
歩いてみると、思ったより勾配が緩い気がします。
もっともキツいのは自転車かな??


2017110410.jpg 
うまくアップできないゾ

2017110411.jpg 
このあたりから、もっとも勾配がきつい区間を通ります。
よくメディアでも酷道なんて言って取り上げられますが
ほとんど盛りすぎ(笑


2017110413.jpg 
うまくアップできないですが
一番きついところへ・・・


2017110414.jpg 
やっぱ徒歩は楽かも・・・
峠へ到達しました。
1.3mのは つまらないテレビのせいで
なくなりましたね。


2017110416.jpg 
これもうまくアップできませんが
道100選とか。 いいですね~
上ってきた感じでは
道100戦 といった感じですね。


2017110417.jpg 
久しぶりに来て、感無量・・・
個人的には 石畳は余分かと・・・



2017110418.jpg 
秋は日が短くて、もう夕方・・・


2017110419.jpg 
今回も 峠からちょこっと上って
お地蔵さんにおまいり・・・


2017110420.jpg 

では 国道へ戻って 再び東大阪へと下っていきます。
ちなみに ゲームの関係で通信回線を常時使用して上ってきましたが
auをお使いの皆さんが 通信状態が悪く苦戦しておられました。
auはいろんな面でイイんですけどね・・・


その2へ続きます・・・













コメント

以前、ツイン君で・・・出掛けた 際は、そんなに・・・急でも、無いやんと・・・思いつつ、変なトコに・・・迷い込んだ 挙句に、奈良側からの・・・往路は、動画撮影を・・・失敗して、帰松してから・・・気付いたし、もう 1度は・・・行って見たいトコなんやけど、歩きも・・・良いですよねぇ。

まぁ、僕やったら、途中で・・・倒れるかも。

村やん さん こんにちは

この峠道は、精神的には歩きが楽でいいですが、
車で通るのも味わい深いものがありますね~

ほんとは わたくしも何度も休憩しながら
ようやく歩いてましたよ(笑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://natsuko482.blog78.fc2.com/tb.php/3202-8ff3b83a

 | HOME | 

文字サイズの変更

管理人は いったい何者?

奈津子

Author:奈津子
三重県内をシコシコとパトロール

「酷」 「険」 といわれる道を目指すも プロフィール画像のような 危なっかしい運転で、ヒヤヒヤの連続。


記事中に 平成の大合併以前の旧市町村名がしばしば出てきますが、 極力 新市町村名で書くようにしますので、ご容赦ください。

道路カテゴリーの分類ですが、暫定的にやってみました。
詳しくは カテゴリーの
「道路カテゴリーの分類について」 の
記事をご覧ください

カテゴリー

和歌山のススメ

FC2カウンター

リンク


gogo.gs

おてんき


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

ブログ内検索

FC2Ad

Template by たけやん