奈津子のパトロール

洞祥吉

9/1 平日だというのに 洞祥吉 を通りかかって
見てきましたので記事にします。
時節柄 またしてもスズメバチとの接近遭遇で
中途半端なパトロールになっています。
2017090401.jpg この日は年休をいただいており、
起床すると、近江舞子を発車した
敦賀行き新快速の車窓に
琵琶湖の美しい景色が拡がっていました。

どのように乗り継いできたのか不明。

わたくしが若狭へ行くなら
湖西線には乗らない(笑

とりあえず 終着であり執着の敦賀で降車。

まずは大好きな敦賀港へ。

2017090401.jpg 

そして ふとこの道を思い出し。

2017090402.jpg 
この光景もなかなかいいんですね。

2017090403.jpg 
あの隧道を見てこようと・・・ふと思い立ち・・・

2017090404.jpg 
隧道を目的に来たのなら・・・
まずは この時期だけは避けますね。
なんたってアナフィラキシなので(笑

2017090405.jpg 
笑い事ではない。
この時点で あの重い羽音が・・・


2017090406.jpg 
数年前に むねぞうちゃんと行った
父ヶ谷林道での恐怖 で 懲りたはず・・・

2017090407.jpg 
懲りてたら この時期には来ない・・・


2017090408.jpg 
もっかい刺されて死ねばいいんやわ、
という身内の声が握り締めたiphone6から聞こえてきそう。

2017090409.jpg 
今日は徒歩やし、山へ入れば味方はいない。
依然重い羽音は近い・・・

2017090410.jpg 
来てしまった。
ココまで来たら もう少し近づいてみたい。
哀しい性・・・
ホンマに刺されて死んだらいいのに・・・

2017090411.jpg 
おー、お久~~
洞祥吉 
この形、これぞ国道8号線ですね~


2017090412.jpg 
たしか・・・明治19年頃のヤツ?
レンガのヤツでは最古クラスかな?
とにかく敦賀周辺は道路も鉄もアツい。
濃すぎる・・・
坑口周りが・・・蜂が凄い。
ヤバイ・・・

2017090413y.jpg 
バリケドが倒され、歓迎ムードではあるが・・・
とにかく蜂が怖い・・・
刺されて死ねばいいのに本人は死ぬのが怖いらしい・・・
というか 本人は勝手に死ねばいいけど
けっこうな人数の人に迷惑がかかる・・・


2017090414.jpg 
コレは、こう撮るのがよろしかろう・・・


2017090415.jpg 
やっぱりスゲーや・・・
それは、近くを通りかかったら降車してでも見たいわな・・・


2017090416.jpg 
とにかく中へ避難する・・・
攻めてくる蜂を非難することはできない・・・
わたくしが部外者なのだから・・・
わたくしが避難しよう・・・

2017090417.jpg 
じつは恐怖で内部の様子どころではなかったのは本音で、
あの廃車があったのかどうかも記憶にないほど怖かった・・・
北側へ近づくと内部にも羽音が入っていて
さすがに早々の撤退は正しかったと思うしだい・・・

2017090418y.jpg 
そう むねぞうちゃんと行った
父ヶ谷の恐怖と同じアレ・・・

2017090419.jpg 
完全に招かれざる者であったわたくし・・・
撤退~

2017090420.jpg 
当然 この来たにある重鎮、阿曽隧道まで歩くガッツは
萎えてしまったのはいうまでもない・・・

2017090421.jpg 
ここへは いつの時期に来るのが一番いいのだろう?
できれば 青春18きっぷの期間で・・・

最近毎回のような気がする 不完全燃焼でした(笑

コメント

こんなんどですか?

おひさです。美しい孔ですねぇ...でも,蜂怖い...orz

こんなん見つけたので,廃好き三重県民なら逃したらアカンと思い,わざわざオワシくんだりまで出向いてみました。

やはり廃は今来てるのか,今日の公演会は大盛況でしたよぉ。探索に7日以上掛けた,公演も力の入ったものでした。10月8日に第2弾があるそうです。

http://www.kumanokodocenter.com/event/sinrintetudou.html

http://www.kumanokodocenter.com/event/sinnrinntetudou.html

おこぜ さん こんにちは

今も行かれる方がいてるんですね~

昔一度水管のほうから挑みましたが
アノ高さで腰が抜けて
とてもじゃないけどムリです。
日浦杉からも挑みましたが
途中でルートを失いました。

水越からは行けましたが、
インクラインは下れませんでした。

いずれにしてもなかなか到達できないです。

へぇ~,流石隊長,あんな秘境にも分け入っていたんですねぇ~。

やはり水越のインクラは辿れなかったそうですが,他はほぼ全ルート踏破したそうです。ロッククライミングと登山のベテランだそうですが,もう行きたくないと言ってました。

地形だけでも大変そうですが,無数のヒル爆撃と,枝を掴むとマムシ,橋の下にはスズメバチ,2度の熊との遭遇があったそうです。それでも転轍機や索道の搬器など,数十キロの鉄の遺物を回収して来ていました。どういう足腰しているんだろう。

レールやケーブルはもとより,鉄塔や巻上げ機など沢山の遺構が残っているようですが,やはりこういうのは人様の写真とレポをのんびり椅子に座って楽しませてもらうのが1番ですね。屁タレの私には到底無理です。

おこぜ さん こんにちは

めざすには目指しましたが、なかなか到達できません。
日帰りではキツいです。

楽なルートとしては、やはり水管から不動谷を目指すルートになりますが、近くてもあの高さはとてもじゃないけど帰路の下りで動けなくなります・・・

となると 大杉の京良谷から日浦杉を登っていくルートになりますが、岩山が何箇所もあって 途中でルートを失いました。

大台林道側から不動谷のダムへ下れる道がありますが
そこへ行くまでが、大台ケ原山頂から丸一日かかります。
このルートでは堂倉あたりで2泊しないと無理かと思います。

水越の往復ならなんとか日帰りでいけますが、
林道を千尋隧道まで登る足がないのでこれまた遠いです。

いつか行ってみたいんですが、簡単には行けませんね~

先の探索者は,全く薦めない,行かないほうが良い処だ,と何度もおっしゃっていたので,かなりの覚悟と技術が必要なようです。

10月8日の銚子川林鉄の公演を聞きに来られては如何ですか?メールか電話で要予約ですが無料です。隊長も持っているはずの「三重県の森林鉄道」というオンデマンド本の著者2名が講師です。

へぇ、凄いトコが・・・残ってるんですねぇ。

以前、矢ノ川峠を・・・歩いた 際も、色んなもんが・・・飛んでて、休憩も・・・落ち着けなかったんやけど、涙目で・・・訴え掛けても、蜂さんは・・・刺して 来ますよねぇ。

まぁ、真冬は・・・大丈夫そうなんやけど、青春18きっぷを・・・使えるんは、今の・・・時期なんですかねぇ。

そうそう、鉄道旅も・・・良いですよねぇ。

隊長の過去のパトロールが紹介されてましたよぉ~。

http://yamaiga.com/comment/road/wpr230/
のページのコメントナンバー26,726です。

おこぜ さん こんにちは

10/8、岐阜での行事と重なってしまいました(泣
どうして秋って色んなことが同じ日に重なってくるんだろうと
毎年のようにぼやいてしまいます・・・

上線へは 時間をかければ行けるというならいいのですが
ルートを失ってしまうので やはり感嘆には行けないですね~

ありがとうございます、私の記事が問題になるとは非常に怖いことですが
なんの話か気になるので見に行ってきます。

村やん さん こんにちは

9月の蜂はホント怖いです。
近づくと威嚇してくるし、
情け容赦ない ガチですから(笑

18きっぷは
【発売期間・利用期間】
(春季用)発売期間:平成29年2月20日(月)~平成29年3月31日(金)
利用期間:平成29年3月1日(水)~平成29年4月10日(月)
(夏季用)発売期間:平成29年7月1日(土)~平成29年8月31日(木)
利用期間:平成29年7月20日(木)~平成29年9月10日(日)
(冬季用)発売期間:平成29年12月1日(金)~平成29年12月31日(日)
利用期間:平成29年12月10日(日)~平成30年1月10日(水)
12月と3月にも使えるのですが
なかなか日が取れない時期でもありますね~(汗
3月あたり ねらい目ではあるのですが・・・

http://railway.jr-central.co.jp/tickets/youth18-ticket/
こちらに詳細が出ていました・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://natsuko482.blog78.fc2.com/tb.php/3194-08fdc40e

 | HOME | 

文字サイズの変更

管理人は いったい何者?

奈津子

Author:奈津子
三重県内をシコシコとパトロール

「酷」 「険」 といわれる道を目指すも プロフィール画像のような 危なっかしい運転で、ヒヤヒヤの連続。


記事中に 平成の大合併以前の旧市町村名がしばしば出てきますが、 極力 新市町村名で書くようにしますので、ご容赦ください。

道路カテゴリーの分類ですが、暫定的にやってみました。
詳しくは カテゴリーの
「道路カテゴリーの分類について」 の
記事をご覧ください

カテゴリー

和歌山のススメ

FC2カウンター

リンク


gogo.gs

おてんき


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

ブログ内検索

FC2Ad

Template by たけやん