FC2ブログ

奈津子のパトロール

二見松下から池の浦への道 

先日通った 松下から池の浦への道です。
歩いてみるとよくわかりますが、二見って湿地なんやなぁ・・・

最近多いスタイルですが、

汽車を使います。

2016052801.jpg 

快速三重 という汽車で 松下駅にて降車。


以前は 国道167号線やった 国道42号線の松下交差点。



2016052803.jpg 
交差点から少し二見のほうへ戻ると・・・
問題の道への入り口があります。



2016052805.jpg 
いきなりこんな道・・・
二見って やはり湿地なんやなぁ
で、道ですが やはり幅が気になりますね~


2016052804.jpg 
普通車はムリですハイ


2016052806.jpg 
待避所が まったくありません。


2016052807.jpg 
季節柄、 道いっぱいに梅の実が・・・
いい香り・・・


2016052808.jpg 
梅の場所を過ぎると、
ちょっと山道っぽい


2016052809.jpg 
写し方が下手ですが 勾配がついています。


2016052810.jpg 
けっこう直登(汗


2016052811.jpg 
ちょっとした切り通し。


2016052812.jpg 
切り通しを過ぎても 多忙感は変わらない・・・



2016052813.jpg 
どこかへ通り抜けられるわけではないので
ひじょうにマイナーな道となります。
味はあります。



2016052814.jpg 
廃墟があります。
怖いです。



2016052815.jpg 
すごい草ヒロ君がいてます。
ホンダであること以外のことは
さっぱりわかりません(笑



2016052816.jpg 
少し進むと パッと開けて道をロストします。

おや?


2016052817.jpg 
海へ出たいのですが 方向としては
この方向です。


2016052818.jpg 
この道を・・・


ひさしぶりに 面白くなってきましたよ(汗




2016052819.jpg 
じゅぶじゅぶの湿地道となります。

靴がにえこみ、水が容赦なく入ってきます。
本当に面白くなってきたゾ・・・


2016052820.jpg 
距離としては短いので なんとか脱出できます。

橋はありがたいものの、
く 腐ってやがります・・・



2016052821.jpg 
海やで!



2016052823.jpg 
通ってきた道を 振り返ってみましょう。
というか 、 道 どれ???
というか 、 帰路もこの道を帰るのか・・・


2016052824.jpg 
地形としては こんな感じ・・・

沼ですわ・・・



2016052825.jpg 
せっかく海へ出たので、
こういう沼道突破業務からは早々に足を洗う・・・


2016052826.jpg 
あまり知られてないけど
ここのアサリは うまいっ!らしい。
わたくしは掘らないのでしらない。
けど 濃厚な身からイイだしが出てほんっとに旨い。
らしい。



2016052827.jpg 
なんという歩きやすさなんだ。
感動・・・



2016052828.jpg 
ふと気がつくと、
正面に飛島・・・


2016052829.jpg 
しっかりとした道がついていた・・・
あの沼さえなければ とても楽しい遠足なのに・・・


2016052830.jpg 
まもなく着くだろう ・・・


2016052832.jpg 
どこがプライベートなのか???


2016052831.jpg 
とーちゃく  粟皇子神社・・・
内宮さんの摂社です。
ここが目的地になります。
そのために 沼を・・・


2016052833.jpg 
境内でオッちゃんが掃除をしていたので
身柄確保して尋問しました。
あの沼道のことはよくご存知で、
あっちから来たらあかんわ、
と言われました。
じっさい オッちゃんは軽トラ横付けです。


2016052834.jpg 

2016052835.jpg 
クソ、  道あるし・・・ (汗



2016052836.jpg 
しかも ここへ出たし・・・


2016052837.jpg 
昔からこのあたりに詳しい人なら
池の浦荘 というほうがわかりやすいかも・・・


2016052838.jpg 
アノ沼道は いったい ・・・



2016052839.jpg 
わたくしの 行程 って いったい ・・・


あ、 この日は サミット最終日でした・・・






コメント

待ってました,新レポ。

神社好きみたいですが,ワケのわからん「パワースポットどないこない派」ではまさかありませんやろね?そもそもパワースポットってなに?そこに行って普段の生活で貯めた自分のパワーを神様に献上する場所のことでしょうか?


ありがちですが,なんとなくコントの落ちみたいな結末でしたねぇ。本当は知ってたんでしょ,隊長のことやからww 海の堤防の松下1号角落しの角落しってなんですか?切れ目のこと?振り返った湿原。こっち方向から入り込んだら遭難間違いなしですな。蛇に喰われてハイそれまぁでぇよ,ポテチン。こんなところに好んで行く人には,それも運動靴で行く人には,「ただの変態で賞」,否,「ただの変態で症」を授けまするゾ♪沿岸の岩場小径いい感じですねぇ。磯釣りジジィ共は居ませんでした?行ってみたいなぁ,この径。葦原の方からじゃなくね。サミット警備はこの辺りには居なかったようで良かったですね。即,拘束ですw


以下,いつも通り私事で。
葦湿地に極狭路と言えば,以前,南北位置で言うと磯部の場外売り場近辺り,近鉄より海側だったと思うので,東西位置で言うと,阿児の松原海水浴場から半径1km以内だったように思います。エライ道がありました。

小さな川沿いの土手(コンクリートだけどw)上にある道で,離合は不能。周りは葦だらけで,時々川面が見える。水面からは2~3mの高さ。ドンドン進むと,小高い杜に道は吸い込まれ,一気に勾配を増し,やばそうな雰囲気の中を進むとアスファルトは切れ,プチ林道の様相に。

少し先に低い尾根があり,手前が少し広くなっていて,軽トラのUターン場所のよう。道路なら切通になる展開だけど,どう見てお行き止まり。かと思いきや,モトクロスコースにあるようなラクダのコブ状の尾根に道とは言えない幅だけ2mはある獣道のような赤土エグレがそこを直登している。そうさなぁ,高さにして5m程だったかのうぅ。尾根ー小谷ー尾根のようになっていて,どう見ても道ではないが,尾根の向こうには行けそうな雰囲気。

来た道を帰るのは避けたかったので,取り敢えず道路ではない単なる土壁を歩いて登って先の様子を見に行くと,広い獣道はなんとかまだ先に進んでいる。まだ若かったんじゃろう,車に戻り,怖気づくこともなく一気に乗り越えた。当時の車は,蕎麦屋の出前車みたいな軽のワゴン系の4駆だった。ぶさいく様は無理。そこまでも辿りつけないかもw スマートでも壁超えなんかは死んでも無理。ツイン君?間違いなく腹着いてジタバタ亀状態になるか壊れるw

その後,もう一度行きたいと思って探してはいたのですが,場所が見つかりませんでした。尾根を越えて数百m行くとマンションみたいな大きめの建物の裏に出たww 志摩周辺にはまだまだ妙なところが有りそうですねぇ。

そうそう,R168,梅雨の合間の晴天に走ってみました。風屋ダムと谷瀬の吊橋の間の区間と,先の紀州豪雨で半廃村になった大塔村(現町)境地でバイパスが供用になってましたぁ。勿論,区間の殆どは少し長いトンネルと橋です。あと数百mで今期工事は全部終了する感じですね。で,次期工事着工は,恐らくは未定でしょうねぇ。五條に出た後は,五新鉄道跡が見たくなくても見えるので見てきましたぁw

長々と失礼しますた。

探索大好き

久しぶりの奈津子様のディープな探索
ワクワクしながら拝読( ̄▽ ̄;)
和歌山からアクセスも良くなったので
伊勢のディープな探索に出かけようかな🎵

うーん、楽しそうな 道ですよねぇ。

まぁ、警官は・・・居なかったんです

おこぜ さん こんにちは

このルートは 貝掘りの関係上知ってはいましたが
まさかこの状況とは予想外でした。
反対の ホテル側の道も知ってはいたものの、
アクセスの関係で今回のルートにしました(汗

パワスポは信じませんが信じるのは自由ですね。
しかし四至神に手をかざすなどの失礼は
間違っても働きませんよ(笑
志摩の道 魅力的ですね~
もーちっと詳細欲しいです(^^


西川農園 さん こんにちは

最近くすぶり気味で、 ひさびさにやっちゃいました(汗
ぜひ伊勢方面へも お出かけくださいね。


村やん  さん こんにちは

あの沼までなら ツイン様なら行けそうですね~
転回も沼の手前でできますよ~

警官様は ちょうどサミットが終わった日だったので
二見の街でくつろいでおられましたよ(笑

奈津子さん、警官に・・・呼び止められても、パトロールです!!って 言ったら、大丈夫ですよ。

村やん さん こんにちは

そ、そのテがありましたね。

村やんさんに 座布団2枚どーぞ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://natsuko482.blog78.fc2.com/tb.php/3160-80b64216

 | HOME | 

文字サイズの変更

管理人は いったい何者?

奈津子

Author:奈津子
三重県内をシコシコとパトロール

「酷」 「険」 といわれる道を目指すも プロフィール画像のような 危なっかしい運転で、ヒヤヒヤの連続。


記事中に 平成の大合併以前の旧市町村名がしばしば出てきますが、 極力 新市町村名で書くようにしますので、ご容赦ください。

道路カテゴリーの分類ですが、暫定的にやってみました。
詳しくは カテゴリーの
「道路カテゴリーの分類について」 の
記事をご覧ください

カテゴリー

和歌山のススメ

FC2カウンター

リンク


gogo.gs

おてんき


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

ブログ内検索

FC2Ad

Template by たけやん